カントン包茎のデメリット|洗いづらいから衛生を保ちづらい

カントン包茎とはどのような包茎なのか

包茎といっても様々な種類があり、その一つにカントン包茎と呼ばれるものがあります。カントン包茎とはどのような包茎なのかというと、皮の出口にあたる部分の包皮輪と呼ばれる部分が狭く、亀頭を露出しようとしたときに、亀頭や陰茎などがしめつけられてしまう状態のことを指しています。

包皮輪とは包皮の先端部分にあるリング状のわっかであり、これが十分に広く余裕がない場合には、スムーズに包皮をむいて亀頭を露出することができなくなってしまいます。締め付けが強い場合には、すべて露出できないことも多く、勃起した場合には、さらに押さえ付けられるので痛みが生じることもあるでしょう。

カントン包茎の状態のまま無理に包皮を無効とした場合には、亀頭の下の部分がどんどん締め付けが強くなって、場合によってはドーナツのようにはれ上がり元に戻せなくなることもあります。このまま放置した場合には血の流れが止まり、非常に危険な状態となるため、緊急手術が行われることになります。

デメリットが多いので手術を検討しよう

カントン包茎には、実は様々なデメリットがあることが分かっています。カントン包茎のデメリットとしてまず第一に衛生面についての問題が向けられます。カントン包茎の場合には、常に亀頭がふさがっている状態であるため、じめじめとした環境で、カスもたまりやすくなっています。このことから悪臭を放つ原因にもなることでしょう。

皮をむいて洗うことができないので、衛生的に問題が生じることが、最大のデメリットと言えます。無理やり包皮を剥こうとした場合には、痛みを生じることから、中まできれいに洗うことができません。無理に包皮を剥いてしまうとドーナツ状に腫れることもあり、場合によっては裂けてしまうこともあるでしょう。

洗いにくく不衛生な状態となるため、亀頭部分にかゆみが生じたり、赤みの原因になる可能性もあります。このような状態で放置すれば、亀頭炎や包皮炎などの炎症を起こしやすくなり、このような炎症を繰り返していくと皮膚がかたくなって真性包茎に移行するケースがあります。

まとめ

このようにカントン包茎には、衛生面の問題をはじめとし、様々なデメリットがあることがわかります。このまま放置していても良くなることもなく、場合によっては真性包茎に移行してしまう可能性も考えられるでしょう。

悪化を防ぐためにも、まずは医療機関で診察を受けることが大切です。カントン包茎の治療には、痛みや傷跡、治療費などのさまざまな心配事もあることでしょう。このような不安を解消するためにも、まずはしっかりとカウンセリングを受けて、納得のいく治療を行いましょう。